FC2ブログ

11月25日 (日) 午前 東京藝術大学5-109 大講義室にて 日本声楽発声学会 108回例会にて 公開レッスン

皆さん ご無沙汰してます!今年の冬は比較的暖かで、いいですね。 さて 昨年より 日本声楽発声学会の第108回例会に於ける 私の「公開レッスン」(日本のベルカント発声法に不足しがちな胸声(ペット)発声 [特に女声]訓練の重要性について が 決定し 11月25日(日)午前10時30分~ 歌手(長野市在住の声楽家)2人を用いてレッスン形式にて実践発表して参りました!! 発表に協力してくれた方々はお二方共ソプラノでしたが、早朝よりのレッスンで 高いB(シのフラット)等 ペットを利用し ちゃんと出るかな?と不安視していましたが、そんな心配も一掃してくれ (良質のベルカント声) 学会出席者面々の息を嚥む興味をも 半ば満足して頂けたのではないかの とても良い反応でしたが、この訓練方法は 一歩間違うと 音声障害を起こしやすいので、このテクニックを良く習得している声楽家に教授いただく必要があります。何か不明点や質問 疑問 等 あれば、どうぞ 私の方(mail form)へ お問合わせ下さいね!!
info.opera-lirica@i.softbank.jp 携帯 070-3277-2602
スポンサーサイト
プロフィール

北薗るみ子

Author:北薗るみ子
武蔵野音楽大学音楽大学院修了後、イタリア政府給費留学生試験を通して、渡伊。
聖チェチーリア音楽院等で、伝統のベルカント唱法を取得。ソプラノ歌手として1987年に「世界4000人のアーティスト」に選ばれ、トスカニーニ音楽院においては日本人初の声楽講師に就任。2000、2006年にはニューヨーク国連本部でのミレニアムサミットに出席するなど世界を舞台に活躍する至高のソプラノ歌手。

⇒ 北薗るみ子の公式サイト『オペラリリカ』はこちらから

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR